読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小説

鯉は空を望む

鯉の煮付けは甘辛く、長野県民好みの味付けである。 祭事にしか食卓に並ばないという希少性に加え、馬の蹄状の盛り付けや、いかにも味の染みた佃煮色の彩りが食欲をそそるが、口にしてみると存外泥臭く骨ばかりで、興ざめであった。蹄中央の窪みには、大振り…

桃色の海

僕は毎日街へ出て、かわいいものに出会う。 今日は白い毛をした猫に出会った。歩き回るのに疲れてふと目についた公園で座っていたら、にゃあんと喉を鳴らしながら一匹の子猫が僕のそばに近寄ってきて毛づくろいを始めた。僕は大の愛猫家である。飼われている…